ストーリーのデモ

Table of Content

まずは見てもらうのが早そうです。

プレビュー

とりあえず作ってみました。
内容はいったん置いておいて、ストーリー機能を使ってみようという試みです。

セルフレビュー

新規作成から画面上操作できそうな場所が色々あるので、とりあえず手当たり次第に触ってガチャガチャやってみた結果です。
素材がないので、背景が真っ白です。
別途素材を用意したり、あの手この手でごまかすしかありません。

なお、ストーリーを貼り付ける方法ですが、記事を書くと自動作成してくれる?ようです。
上は自分で書いてませんが、困ったらこれで良さそうです。

作り方

感覚ですが、編集機能が少ないPhotoshopやらIllustratorのような画像編集ツールを触っているようなUIでした。
Unityの3Dをやらない版?操作自体は思った以上に難しくはなかったです。

画像編集ソフトの経験がある人なら問題なく、経験がない方は素材がないという点に向き合いながら操作をすれば、苦手意識も克服していけると思います。

やってみた感想:使用感

感覚ですが、編集機能が少ないPhotoshopやらIllustratorのような画像編集ツールを触っているようなUIでした。
Unityの3Dをやらない版?操作自体は思った以上に難しくはなかったです。

ただ、収益化のイメージはやはり湧きませんね。
とりあえずいくつかストーリーを作ってみて、ノウハウが蓄積してからかなと思いました。

やってみた感想:メインコンテンツになりえるか?

使い所が分かりにくいのでスタンダードにはならないのでは?と思います。
AMPの時も思いましたが、海外ならいざ知らず日本では参入障壁が高すぎるのです。
また、発信者も少ない(その割にアフィリエイトサイトなどで一人が複数のサイトを持つ事が多い)ので、手間暇がかかりすぎるAMPやストーリーは好まれないでしょう。

日本人向け(スマホ等で見れる)のストーリーで収益化ができれば良いのですが、先駆者の影響力が大きすぎるので個人サイトでは普及しないんじゃないかと思います。

やってみた感想:エンジニアのプレゼンツールとして

まずソースコードに残らないので、比較対象はパワーポイントです。
パワポと比べるとガッカリクオリティと言わざるを得ないです。が、SEOとかを考えると一考の余地はあります。

プレゼンもできるドキュメント管理を考えると、RevealJSやAsciiDocかなぁ。
そもそも、ストーリーはプレゼンではない(できるけど)ので、使い所の問題ですね。
もちろん、メンテナンス性も考えるとストーリーよりこれらのツールの方が評価できるのもパワーポイントと同様です。

シェアする