[CoC]クトゥルフ神話TRPGで現代(日本?)を舞台に脱出ゲームするシナリオがなろう感溢れるので何が問題なのか考察する

Table of Content

目覚めると知らない部屋という記事を斜め読みしていたら非常に共感したので、読み直して私の思うところをざっと書き散らしておきます。
タイトルではピンポイントにdisったんですが、似たようなテイストのテレビ番組(原作あり?)とか、多くのインディーズゲームなどが当てはまります。

「目覚めると知らない部屋」がもたらした功罪

王道(=ここでは誤解を恐れずワンパターンと言います)は使いやすく分かりやすいから王道です。
なろう系小説も

  • 主人公が最初から強い(理由の有無は別として)
  • 現実から異世界(文明的に遅れている世界)で生きていく(転生する)
  • なぜか上手くいきすぎる(ご都合主義)

という点が使いやすく分かりやすいんですよね。
ワンパターンとは、作り手にとって非常に助かる反面、使い古されていくとユーザーが飽きてきます。
アフィリエイト業界ではよく「先行者利益」「既得権益」と言ったりしますが、後発者利益として作るのが容易(先駆者が試行錯誤して見つけた成功パターンに乗っている)という点で益を享受しています。
ただ、やったところで大きな効果を得にくいというのが課題(問題ではない)です。

「目覚めると知らない部屋」の何が悪いのか

目覚めると知らない部屋にいた事自体がダメだと、記事は言っていません。
謎解き脱出ゲームになるのはそうだよね、と言っていますが「ちゃんとクトゥルフ神話TRPGになってるか?」という話ですね。
私も正直、CoCのシステムを使った、クトゥルフではないシナリオで遊ばされているなぁと感じている事はありました。
「CoCだから神話生物が出てこないのはおかしい!」のような過激派ではありませんが、このように考えているPLまたはKPは絶対に居るので、なんかしらの配慮はあった方が親切ではないかと思います。
オリジナルシナリオを書く場合は、CoCのシステムが使いたいだけなのか神話生物とPCを対峙あるいは何かしらの接触をさせたいのか、はシナリオの書き手により異なります。

ネタバレ

反転してご覧ください。

たとえば、有名な「毒入りスープ」道場なんかは分かりやすく恐怖体験なシナリオですね。
無抵抗の奴隷(作中表記による。現実には仲間NPCキャラ)に対してどういう扱いをするのか、が問われます。
(特に最後の決断など)
ただ、今回の件で言えば「なんでそんな事やったの?」というのが分かりにくいですね。ただの気まぐれの可能性が高いのがチャウグナー・フォーンたる所以です。

こちらも有名ですが「カタシロ」(Vtuber向けの道場?)も理性はありながら狂気を感じるNPCと「思考実験」と称した面談=対話をすることで、徐々にキャラクターを狂気に誘導していく流れが面白いです。
ここでの発言が全て自身に跳ね返ってくるので、頭の良いPCと直情的なPCではゲーム性がガラッと変わるのが特徴でもあります。
(NPCはPCを害してはいけないのでキーパリングスキルとともに、相槌と復唱(これが大事)で医者NPCの行動が決まるため、PCは善意性が高い必要があります)

裏を返すと、これだけ凝ったシナリオを練れるCoCのシステムがそれだけ優秀ともいえます。

「目覚めると知らない部屋」の鍵事情

そもそも家主?不在で鍵がかかっているのは当然として、室内にも鍵があるのも不思議な感覚ですね。
人間っぽくいうなら、持ち出し用とは別に家にスペアキー(マスターキー)を用意するのは考えられますが、魔術的な仕組みなら鍵と解除の方法に妥当な理由がなければ、理知的なPC(と、経験豊富なPL)なら勘繰ってしまうかもしれません。

鍵はないけど、鍵になるようなアイテムがなければ先に進めないようなギミックを用意する方法を検討するのが合理的かと思います。
特殊な行動習性のあるもの(たとえば火を嫌がるとか集まる)とか、規則性のある行動をする(させたい場合は、合理的な理由が必要)ことで鍵のような役割を持たせる事ができますが、これらがそこに存在する理由(鍵を掛ける理由)は必要です。
これは「金庫に鍵を掛けるのはなぜ?」ぐらいの質問なので、シナリオで書いていない場合はKPが補足するぐらいでいいと思います。

これがマーダーミステリーなら確実に突っ込まれます。

シナリオを多くのユーザーに認知してもらうには?

手っ取り早いのは、SNSなどで発信力が強い方と組む(契約する)方法です。

  • 著名な方に
  • 「定期的に」取り扱ってもらう

のが一番広告効果が現れるでしょう。
重要なのは「定期的」の部分。
昨今は単発だと効果が期待できなくなっています。
コラボ回は見ない、プロモーション広告を含む場合は見ないなどいつもの雰囲気ではない動画は評価しないユーザーが増えました。
もっとも、コラボ先のファンが見てくれるという効果もあるのでプラマイな印象です。

シェアする